高濃度ビタミンC点滴治療

高濃度ビタミンC点滴療法は、アメリカでは政府の認可の下でがん治療の補助的な先進治療として長年臨床研究されている治療法で、がん治療の効果を高め、副作用を軽減させるばかりでなく、安全性も高いと言われています。
経口摂取では得ることの難しい血中濃度を急激に高めることによって、体内の活性酸素を除去し、炎症を抑えることから、がん治療の他に健康増進の目的でも研究され、免疫力の向上や疲労回復など、多くの治療効果が見られています。
さらにはコラーゲン生成の促進によるアンチエイジング効果、メラニン産生の抑制による美白効果、皮脂の分泌の抑制によるニキビの改善効果も有していることから、美容目的でも使用されるようになりました。(個人差はあります)

当院では最高水準のマイラン社の製剤を採用しています

国産のビタミンC製剤は全て防腐剤が含まれていますが、マイラン社の製剤には含まれていませんのでアイルランドの工場から温度、品質を厳しく管理された状態で輸入されています。
厚生労働省ではまだ認可されていないため自費診療となりますが、日本の多くの医療施設で使用実績があり、安全性は確認されています。

施術・副作用について
  • ビタミンCを溶解した製剤を静脈へ点滴します。所要時間は、点滴の量や血管の状態により多少前後しますが40~50分程です。
  • 血管痛を抑えるために予め硫酸マグネシウムを添加していますが、点滴時に発赤や血管痛がでる可能性があります。
  • 点滴速度の調整などの対策をとらせていただきますので、すぐにスタッフまでお申し出ください。
  • ほてり感、動悸、嘔気、口渇感などがでることがありますが、一過性です。
    ※これらの予防のために点滴前には食事は抜かず、水分を摂ってからお受けください。
  • 施術後、針跡が赤く点状に残ることがありますが、2~3日で消失します。注射部位に内出血を起こすことがあります。
    ※この場合は消失するまでに2週間前後かかります。注射部位をもんだり、擦ったりはしないでください。
  • アルコールに過敏な方・アスピリンなどの易出血性薬を内服している方はお知らせください。

その他、ご心配なことがありましたら、スタッフまでお気軽にお申し出ください。

禁忌・G6PDについて

高度な心不全のある方、リンパ浮腫のある方、肝機能・腎機能に高度な異常がある方はおうけになることができません。

日本人には非常に稀ではありますが、G6PDという抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球の酵素が遺伝的に欠乏していると、高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血反応がでることがあるため、当院では原則としてこの検査を受けて頂いています。
他院でこの検査を受けたことがある方は、その結果がわかるものをお持ちいただけましたら、検査は施行せず初回から受けることが可能です。 まずは医師やスタッフにご相談ください。

予約制を取っています

原則として予約にてお受けしておりますが、他の美容・自費治療と同時に行う場合は不要ですので来院時にご希望をお伝え下さい。G6PDの検査はいつでも可能です。

【G6PD検査 7,000円(税込7,700円)】
【25g 15,000円(税込16,500円)】
【12.5g10,000円(税込11,000円)】

※効果的には25gをおすすめしておりますが、お時間・費用・副作用がご心配な方は半量でもおうけしております。

他の美容・自費治療と同時に行う場合は1,000円引き(税込)となります。
別途、自費診察代がかかります。

電話でのお問い合わせ

03-6912-0812

診療
9:00-12:30/14:00-17:00
※土曜は9:30-13:30
休診
木・日・祝