老人性色素斑(日光光線性色素斑)

Qスイッチレーザー治療有効

老人性色素斑・肝斑・そばかす老人性色素斑(日光光線性色素斑)は顔面や四肢の伸側もみられる比較的境目がはっきりしたシミです。 肩から背中にかけて大豆大などのコンペイトウ様の褐色の色素斑が多発するものは日光光線性色素斑と言います。海水浴などで日焼けした後にできやすく、放置すると徐々に隆起し、わゆる老人性のイボ(脂漏性角化症)とよばれる状態になります。

炎症後色素沈着

ケミカルピーリング、ビタミンC・外用・内服、ハイドロキノン

老人性色素斑・肝斑・そばかす炎症後色素沈着は赤ニキビ、火傷などの炎症の痕に発生する茶色に残るシミです。徹底した遮光が大切で、治療は最低でも半年から数年という期間を要しますが、継続することが重要です。

肝斑

ピーリング、イオン導入、レーザートーニング
(低出力レーザー)美白剤など総合的治療

老人性色素斑・肝斑・そばかす肝斑は主に30歳以降の女性の顔面(こめかみ、頬など)に左右対称性に生じる様々な色調や形、大きさのシミです。妊娠や経口避妊薬の内服をきっかけに発症することが多く、ホルモンバランスの崩れが基礎にあると考えられています。さらに紫外線や摩擦などの間違ったスキンケアなどで悪化します。
殆どの方が潜在的に肝斑を持っていると考えられ、多くが他のタイプのシミと合併します。

雀卵斑(そばかす)

レーザー治療有効

老人性色素斑・肝斑・そばかす色白の女性に5~6歳以降に頬を中心にでてくる遺伝傾向のあるシミです。
淡い褐色をした小さな斑点が多発します。

お問い合わせ・ご予約

TEL:03-6912-0812

お気軽にどうぞ

オンライン予約

りくぎえん皮膚科

院長・医学博士
二神 綾子

  • ドクターズファイル
  • 中野小児科内科
  • 患者の気持ち